ホームページ  Index  Search  Changes  RSS  Login

「どうする?日本のお産」プロジェクト - [高知](5)伝える Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

◆[[グループワークの方法についてお読みください。|http://do-osan.socoda.net/#l4]]

!ヅ舛┐
'''お産と子育ての知識、いのちの尊さを伝えるには'''
*みんなが 助産師・産科医になる。
*マスコミは、出産の危険性を伝える。
*外来に来ているお母さんが隣に座っている知らないお母さんに話しかける。
*学校教育は、性教育を授乳育児まで教える。
*マスコミが気持ちいいお産(お母さん主体のお産、自然なお産)のドラマ、ドキュメンタリーを放送する。
*学校が、全員に、育児に関われるようなカリキュラムを作る。
*学校は、授乳中のお母さんを母子同伴で講師として雇う。
*実母が出産体験・育児体験を娘に伝える。
*人が人とコミュニケーションをとる。
*お母さんがお産の体験を話す。
*助産師が中学生や高校生に性教育・命について話をする。
*家族で親子がおさんについてなど話が出来る。
*助産師がお産の感激・感動をみんなに伝える。
*地域が学校が、お産の話を聞く場所を作る。
*地域の人が赤ちゃんとみんながふれあう機会を提供する。
*お母さんが子どもに産まれたときの話をする。
*大人が(母親が)子どもにお産に立ち会わせる。
*先輩ママがお母さんになる人、なったばかりの人に、アドバイスや情報提供する。
*高校生が赤ちゃんにふれる。
*テレビドラマは、お産の現場をちゃんと作る。
*助産師が助産師という職業をアピールする
*大人が子どもを信じる。
*今、現場で働いている者が、ありのままを伝える。
*学生さんに育児サークルへ遊びに来て欲しい
*みんながこの会を続けていく。
*お母さんが学生さんに話しに行く。
*みんなが教育委員会に「どうする?」みたいな活動がある事を伝える。
*みんなが声を出して(お産と子育てについて)伝えあって行く。
*国が義務教育に、いのちの教育(産科医師・助産師・母親が講師の)を取り入れる
*地域のおばあちゃんが学校などで命の話をする。
*学校が中学生と、子どもが交流出来る機会を作る。
*学校が子どもとお年寄りと交流出来る機会を作る。
*ブライダル業界に結婚相談と一緒に産む場所相談の広報をしてもらう。
*マスコミがセンセーショナルでなく、普通の日々を素直に伝える。
*夫が職場でお産のことを話す。
*マスコミは命の尊さを伝える番組・紙面を作る。
*妊婦は必ず、体験を誰かに語る。
*妊婦は新生児を10人の他人に抱っこしてもらう。
*妊婦が学校などで子ども達、中高生に、妊娠・命ってこんなもんだと伝える。
*専門家がわかりやすい言葉でお産・子育てを教える。
*親が自分の子どもに産まれてきたときのことを伝える。
*助産師が(学校・保育園・地域で)出産劇を行う。
*ママが子どもの誕生日に(母子手帳を使って)誕生の時のことを話してあげる。
*メディアがお産をテーマとしたドラマなどを放送する。学生若い子はテレビ好き。
*地域住民が学生さんとふれあいを持つ機会を作る。
*母親が出産シーンを見せる・伝える。子どもの立ち会い出産。
*体験者・親が育児で体験したことを伝える。
*学校が赤ちゃんと接する場を作る。幼稚園に行く・産院見学・母子を学校に呼ぶなど。
*助産師が小・中・高校に出向いて、性教育をする。
*お母さんが、子どもに、産まれたときのことを話す。
*テレビ局は自分らしいお産をするようなドラマを作る。
*病院が出産の場に家族みんなで立ち会えるようにする。立ち会い出産の制限をはずす。
*お母さんが、お産の体験を話す。
*看護師・助産師がお母さんのお産の素晴らしさを話す。
*学校が命の教育をする。
*医師が父親に検診の時に参加させる。
*地域のすべての人が命の尊さを考えながら動く。
*病院は子どもに立ち会い出産をさせる。
*父親が立ち会い出産をする。
*母親は小さな子どもに自分の子どもを触らせられるようにする。
*行政が、経験者の話を聞く機会をたくさん設ける。
*テレビ局がお産の番組を放送する。
*テレビ局が産科医のドラマを作る(Drコトー風に)。
*マスコミが、情報を正しく伝える。
*先輩お母さんが後輩お母さんに情報を与える。
*私がおばあちゃんと同居する。
*マスコミが産科医の仕事内容を知らしめる。
*地域がお母さんを教育する。
*母親が子どもに妊娠・出産のことを同だったかを伝える。
*行政が、希望者に経産婦の体験談を聞ける機会を設ける。
*学校が、地域のお産事情を学ぶ機会を設ける。
*お母さんは出産と子どもに見せる、夫に立ち会わせる。
*中学生・高校生は、ベビーシッターのアルバイトをする。
*育児サークルや色々な場で中高生にベビーシッターの機会を与える。
*母親がこれからのお母さんにお産体験を話す。
*母親同士が、育児やお産・病院の情報を教え合う。
*助産師(医療関係者)が母親に情報提供出来るように情報収集する。
*満足いくお産をしたお母さんやその家族が、お産を子育ての知識を伝えていく。
*すべての学校で赤ちゃんとのふれあいの場を取り入れる。地域のお産体験者から話を聞く。
*妊婦さんが、お腹の中の様子を伝える。
*行政がこどもたちが学校教育の中で性教育をもれなく受けられるようにする。
*助産師が学校で(小中高)性教育をする。胎盤を見せて命の尊さを伝える。
*産んだ人が、お産の体験を伝える。妊婦、小学生、父親。
*産んだ人が、少子化対策の担当の人に、私の体験談を語る。
*小児科医が病気のことについて教える。
*マスコミが、お産の良いところを伝える。
*医師・助産師が妊娠する前(学生の時から)の学級を開く。
*おかあさんが、学生に妊娠出産のことを伝える。
*学校の先生が、小中学生に出産経験を伝える。
*医療関係の学生(大学生)が高校生に命の大切さを伝える。
*私が総理大臣だったら、立ち会い分娩を義務化する。
*家族が立ち会い出産をする。
*医療者は、祖父母世代にお産や母乳育児について、最新の情報を妊婦さんと同じように伝える。
*学生さんは月に一回小さな子どもの面倒を見る
*お父さんお母さんは、妊産婦さんに自分の経験を話す。
*新聞社は最低週に一回は、温かいお産についての記事を掲載する。
*助産師が、地域・学校へ出向いて、子ども達に妊娠出産について伝える。
*親が子どもの教育の場に入って一緒に学ぶ。
*親が家庭でお産子育て命の尊さについて伝えていく。
*地域にいるいろんな世代の人が結びつき・絆を強くして、助けあう。
*お母さんがお母さん同士で情報を交換し合う。
*お母さんが娘に産まれたときのことを話す。
*小学生が赤ちゃんとふれあう。
*テレビ局が、心豊かに過ごしている、お母さんのドキュメントを作る。
*行政が、保育所に入りやすくする。
*マスコミが医療の現場を正しく伝える。
*地域が子育て支援のボランティアをする。
*マスコミがミルクメーカーのCMを中止する。
*高校生が赤ちゃんを抱っこする。
*行政が産前教育・両親学級を充実させる。

←前 [[[高知](4)はぐくむ]]