ホームページ  Index  Search  Changes  RSS  Login

「どうする?日本のお産」プロジェクト - [高知](3)支える Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

◆[[グループワークの方法についてお読みください。|http://do-osan.socoda.net/#l4]]

!(3)支える
'''
身近な場所で産めない人を助けるには?'''
*会社が休みをくれる
*行政が、地元に助産師やサポートしてくれる病院を作る
*行政で、責任を持って、子供を預かってくれるところを作る
*行政は、保健センターに、常勤の助産師を置く
*子育て中のお母さんは有料駐車場は無料
*行政が道路をつくる
*行政が過疎地に医療体制を整える
*地域の人が情報を提供する
*官僚(の妻)が過疎地に住み、お産を身をもって体験する
*マスコミが、身近な場所で産めない状況をアピールする
*町の人々が、Aさんの予定日を知る
*行政が里帰り出産の情報を提供する
*行政が過疎地に開業する施設に対してハード面をカバーする(お金を出す)
*テレビ局がCMを全てお産関係にする
*助産師が助産所を開く
*助産にsが、その人の家でお産の介助をする
*国が全ての病院を運営する
*医師大臣が日本各地にまんべんなく医師をきちんと配置する
*お産専門の助産師を作る
*妊娠したら、助産師自身が我が子をとりあげる
*産科のある病院は妊婦用マクドナルドハウスをつくる
*タクシー、バス、JR等運輸会社は6歳以下の子連れの大人料金を無料にする
*専門職が、産婦の生む力を育む
*医師、助産師が産婦さんの所に行く
*ホテル、旅館は、妊娠6ヶ月以降は宿泊費無料
*行政が(消防、病院も)その地域に会う母親のクラスを開く。
*行政が交通費などの助成制度をつくる
*育児サークルのメンバーが妊婦さんを見つけたら声をかける
*行政が母子手帳交付時に妊婦サークルを紹介する
*サークル、行政が、協力して、妊婦支援マークを作って、あやしくないように堂々と支援する
*地域が医療者を支える
*企業が訪問看護センターみたいに助産婦小児科が常在するセンターを作る
*5人ぐらいのグループの助産師が救命処置の出来る設備のある場所にいる
*政府が妊娠中から子育て中に手当(お金)を厚くする
*労働基準法の改正をして産前産後休暇を増やす
*国が道路の整備をする
*地域が(行政が)情報交換の場を提供する(母親学級など)
*病院が施設情報を新聞広告等で知らせる
*母子手帳配布時のように必ず行く機会に色々な情報を、行政が提供する。
*行政が、救急車を増やす。
*行政が僻地にも産院を作る
*助産師が出張する
*病院に家族の宿泊施設を設置する
*住民が現状を知る
*病院、産科医が助産院の嘱託医になる
*消防士が救急車を遠方の場合のみにお産でも搬送する
*10ヶ月に入ったら病院の近くに家族で住む
*国が医療費はただ!(20歳まで)にする
*国が出産費用を出す
*市は母子手帳を渡すときに母親に参加施設の一覧表を渡す
*国がお産の近い人にどこでもドアを与え、使えるようにする(すぐ病院に行けるように)
*HONDAがロボットを作る技術を駆使してどこでもドアを作る
*国が高速道路を充実させる
*ご近所同士が仲良くなる
*助産師さん、お医者さんが家に来て、分娩をしてもらう
*病院まで、市役所の車を使ってくれる
*行政(市役所)はお産専用の車を準備してくれる
*医師、助産師、看護師がチームを作って健診バスのようなものに乗って、産婦さんの所へ行く(お産バス)
*行政機関が(例えば、役場等)産院まで時間がかかる場合、ホットラインのようなものをもうける
*医療者が妊婦さんが出産の歳に宿泊できる施設を作る
*病院が24時間出動可能なヘリコプターを設ける
*国が道路設備を強化し、アクセスしやすい環境を作る
*国が、妊婦さん専用の救急車を作る。
*国が病院を増やす。
*病院が無料で停まることの出来る施設を近所に作る(国になどの支援を受けて)
*国や病院が、出張助産師が働きやすいようにサポートする
*国がお産に関する情報を国民に伝える
*医師、助産師が地域へ出向いていく
*国が助産師教育に力を入れ、増やす(なりたくてもなれない人をなくす)
*地域住民が困ったときに助け合えるようなネットワークを作る
*国が出張助産師、医師の要請を推進する。
*国が、家を離れないといけない人のお産前後の住宅費を出す。
*国、県が誰でもお産したい場所で出産できるようにする(ヘリ)
*誰でも30分以内のエリアに産院、小児科などの病院、助産院が出来るように自治体が保証する
*地域が産める場所を作る
*地域が妊婦さんの送迎をする
*病院が家族と一緒に分娩できるように泊まれる施設を作る
*近所の人が上の子の面倒をみる
*市、行政が情報を提供する
*助産師が自分たちのことをもっとアピールする
*マスコミが情報を提供する
*近所の人がお産で不在の間のお家のことをサポートする
*国が各都道府県にヘリポートを作る(身近にしてしまう)
*保健師は助産師資格を取る
*救急隊員は助産師の資格を取る
*大きい病院から小さい病院へヘルプの先生を出す
*産科医師が開業する
*助産師が助産院を開く
*市町村が情報提供、経済面など、サポートする
*県が、道路環境(高速)を整える

→次 [[[高知](4)はぐくむ]]

←前 [[[高知](2)活かす]]