ホームページ  Index  Search  Changes  RSS  Login

「どうする?日本のお産」プロジェクト - [高知](2)活かす Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

◆[[グループワークの方法についてお読みください。|http://do-osan.socoda.net/#l4]]

!(2)活かす
'''
お産の担い手たちが、本来の役割を発揮し、イキイキと働けるようになるには'''
*病院が、産科女医さん・助産師さんが産休育休を撮りやすい体制を整える。
*助産師が中高生に助産師の素晴らしさを伝える。
*経営者が医師や助産師に十分な休みをあげる。
*医師が助産師の仕事を認める。
*お母さんは、お産をした施設に産後一ヶ月の赤ちゃんを含めた家族の写真を送る。
*お母さんと、赤ちゃんは、お産をした施設に定期的に行く。
*病院は産科医・小児科医・助産師達に長期休暇を与える。
*病院がお給料を高くする。
*助産師が夏休みを10日間取れるようにする。
*国が手当金を今以上に出す。
*担い手が志を忘れない。
*病院が勤務時間を守る。
*病院が分娩費を高くする。
*産婦人科医師が助産師を尊重する。
*病院が看護師の数を増やす。
*国が助産所を医療機関として保険適応とする。
*病院はハイリスクのお産と正常のお産で施設を分ける。
*病院は分娩と病気の人を分ける。
*高校・大学は学生のための託児所を必ず作る。
*医療従事者は育児休暇を必ず1年間取る。
*病院が病院の中に、アロママッサージなど医療スタッフを癒す場を作る。
*出産する人が、お産や育児(母乳)にモット興味を持つ。
*医師・助産師、お互いがお互いを信頼しあって仕事をする。
*会社が父親の育児休暇を取りやすくする。
*病院管理職者が、助産師の役割をもっと知る。
*医師が助産師の役割を知る。
*お母さんがもっとお産について勉強する。
*行政がお産の情報を提供する。
*マスコミが昔ながらの自然なお産を報道する。
*マスコミがいい情報を流す。
*母親が、子どもが大きくなったときに、母乳哺育をしている写真を見せる。
*私が総理大臣だったら、市町村に30カ所院内助産院を作る。
*助産師が、妊婦のニーズに応じられるよう、知識・技術を磨く。
*助産師が、お産の情報を提供する。
*早乙女さんや石井先生が、院内助産院の必要性と良さをアピールして回る(回って下さい!)
*私が元気になる。
*母親以外の人、父親もサークルなどに参加する。育児に積極的に参加する。
*参加女医が働いて夫が「主夫」となり、家事育児をする。
*産科医が増える。
*国が改行助産所に年間1000万円の補助をする。
*院長が院内助産院をつくる。
*職場がこそだ手環境を改善する。
*産科医が助産師・看護師と協力する。
*国が産科医の保障制度を考える。
*国が方によって、分娩件数によって医師・助産師の人数を定める。
*県がいろんな職種の人たちが集まって話し合う場を作る。
*夫婦で医療関係者を選ぶ。
*医療関係者が、常に相手のことを考えて、自分の持っているすべてを出すようにする。
*お産に関わるすべての人が前向きになる。
*国がじどう手当を平等にする。
*消防署は受け入れ病院を即座に伝える体制をとる。
*私が(みんなが)身体を丈夫にする。
*病院はお父さんがいられる場所(過ごせる場所)をつくる
*お母さんが意見を癒える場所を作る。
*ネスカフェのCMにでてる自然を語れる人が、病院の中で語る。
*会社を母親の職場復帰をしやすくする。
*地域の人がお節介になる。
*病院が(育児休暇後等の)職場復帰研修プログラムをつくる
*助産師外資が保健師が看護師が、お互いあの職域を分かり合い、自分の仕事に責任を持つ。
*病院がお母さん助産師やお母さん医師が働ける環境を作る。
*病院が、夜勤無しの働き方を認め環境を整える。
*妊婦がお産について学び正常な出産で産める身体作りをする。
*医師・助産師が十分休む。
*企業は妊婦と家族を支援する。
*病院が病気じゃない人でも入れるようになる。あそびに行けるようになる。
*病院は24時間オープンしているカフェを作る。
*企業が子どもを生んでも働けるシステムを作る。
*GUCCIが病院をプロデュースする。
*病院が、父親が両親学級に参加出来る日を作る。
*病院がおしゃれな制服を作る。
*私が仕事に見合った給料をもらう。
*病院が一日一回笑いの時間を作る。
*お母さんがみんなにお披露目をする。
*助産師と産婦人科医、小児科医が協働する。
*地域と産む場所(病院)が連携する。
*We love smile.
*各専門職種、それぞれの職種を認め合う。
*お母さん、家族が、自分たちの地域の医師・助産師にありがとうという、大切にする。(自分の村の産婆は自分たちで育てる)
*病院が助産師が医師が、余裕を持って働ける、適度な休みを取れるように環境を病院が作る。
*お母さん・家族が自分のお産に責任を持ち、モラルを持って判断する。すべて医療者に責任を押しつけることがないように学ぶ。
*一般のお母さん達が医師や助産師への感謝、良いところをおおっぴらにしゃべる。
*夫婦がありがとうございます、良かった、と言う言葉が言えるようにする。
*県や地域の仲間達が集まって交流する機会を持つ。
*意識を持った人たちが、お産のネットワークを作る。
*自治体が助産教育の場を作る。
*他科で働いている助産師が産婦人科で働けるようにする。
*みんなが協力し合ってグループを作る。

→次 [[[高知](3)支える]]

←前 [[[高知](1)増やす]]