ホームページ  Index  Search  Changes  RSS  Login

[高知]〜やす

〜やす

お産の専門家〜産科医、助産師、小児科医〜のなり手を増やすには?

  • 学生早いうちに職場体験をする。
  • 進路指導の先生が情報提供をする。
  • 産科医・助産師が学校の先生に自分たちの仕事の素晴らしさをきちんと伝える。
  • 国がお産の専門家に特別休暇を出す。
  • 学校が、お産の素晴らしさを教える。
  • TV局が産科医や助産師のかっこよさを伝えるドラマを作る。
  • 行政が助産学科を続けてほしい。
  • (行政が)医学生・看護学生になる為の助成がほしい。
  • 行政が義務教育の中で産科関係に進む道標を与える場を作る。
  • 学校がアメリカのように入学金を安くして入りやすくし、卒業が難しいようにしてやる気のある人を育てていくようにする。
  • マスコミが取り上げる。
  • 行政ががんばる。
  • 私が総理大臣だったら、医師・助産師を公務員かする。
  • 出産経験者が看護学校行って体験談を話す。
  • 国がなりたい人だけがなれる制度を保障する。
  • それぞれの専門家が体験談を話す。
  • 保育士が、自分の子どもと一緒に産科医の子どもをみる。
  • 国が助産師の資格を保障する(立場を保障する)(医者と対等くらいの)
  • 中高生(学生)が赤ちゃん(子ども)と触れ合う機会を多く持つ。
  • 都道府県が助産教育の場を増やす。
  • 都道府県が小児科の連携体制を整える。
  • 学校が命の教育をする。命の喜びを伝える。
  • 国が助産学校を増やす・金銭的にも補助する(専門学校を失くさない)。
  • 国が産科医になる学生の助成をする。
  • 学校は高校生が保育園の実習に行くようにする。
  • 国が小さい時から生の命に触れる機会を増やす。
  • 専門職が学校、地域へ出向き、体験学習をする。
  • 国がお産の話しをしよう。問題をサポートする。
  • テレビ局がいいお産のドラマを作る。
  • 学生がHP,助産所・保育所へ出向く(体験学習)
  • 国が助成金を増やす。
  • 企業が助産師学校をつくる。
  • 企業が医師をつくる。
  • 国が助産師を増やす。
  • 夫婦が子どもを増やす。
  • 助産師を20年すればヨン様に会える。
  • 助産師をいい様に使う。
  • 院内保育を充実する。
  • 病院が家族(姑・夫等)の教育をしてくれる。
  • 産科医はSMAPに会える。
  • 国は医師に家をプレゼントする。
  • 赤ちゃんを産んだ人は産科医に感謝をする(ありがとう100回)。
  • 学生さんは月1回子どもさんの面倒を見る。
  • 行政は医療スタッフに24時間体制の保育・家事サービスを与える。
  • 助産師は一般の市民に自分たちの仕事をアピールする。
  • 国は産科医・助産師・小児科医を教育現場で授業させる。
  • 先輩(医療者)は学生に裏表なく自分の仕事を見せる。
  • 先生が子どもに仕事の話(よさ)をしてみる。
  • 国や県が助産師の卒後研修システムをつくる。
  • 県が医師・助産師のために24時間の保育園をつくる。
  • 病院の経営者(国の補助)が産科医・小児科医の給料を上げる。
  • お母さんが医学生にお産や子育ての素晴らしさについて話をする。
  • 県が病院保育を充実させる。
  • 個人単位で買える株の株式会社が学校(ママをサポートできる人を担う)をつくる。
  • (病院)経営者がお金・手当て・休みをいっぱいくれる。
  • 各職業人が高校1年生に自分の仕事について語る。
  • 私の家族が助産師・看護師・医師・保育士になってみんなで病院・保育所を経営する。
  • 大学医学部長が学部から輩出する産科医の定数を決める。
  • 教育者が産婦人科の素晴らしさを学生に伝える。産婦人科が訴訟ばかりできついなど、短所ばかり伝えないこと。
  • 国が産科医に奨学金を与える。
  • 無資格であっても年齢制限なしで出産に貢献できる環境をつくる。
  • 教育者はお産の楽しさを教える。
  • 学校がもっと学生を受け入れる人数を増やす。
  • 県が県で働く助産師・医師・小児科医の学生の奨学金を出す。
  • 開業するときの補助金制度を市・県・国が出す。
  • 全ての医学生・助産師学生が自然でいいお産を体験できるよう病院・助産院が受け入れる。
  • お産をするお母さんは学生の立会いを積極的に許可する。
  • 私が助産師になる。
  • 大学が医学部の授業を安くする。
  • 病院が助産師(スタッフ)の数を増やす。
  • 学校がしっかり教育する。
  • 私が助産師の仕事をアピールする。
  • 行政が引退しそうな産科医の職場を探す。
  • 学校が楽しい実習をたくさん設ける。
  • 助産師は地域で自分の存在を知らせる。
  • 小・中・高校でいのちの教育をする。
  • 教師は母性の実習を充実させる。
  • 助産師や産婦人科医は駐禁は取られない。
  • 国や県が潜在助産師の登録制度をつくる。
  • 厚生労働省が看護学生の定員を増やす。
  • 国が医学部の定員を増やす。
  • 医療従事者の給料を上げる。
  • 高校の先生が進路情報を提供する。
  • 学校が学生たちが医療に興味をもつような体験をさせる。
  • 助産所の開設基準を緩和させる。
  • 準看護師から助産師養成学校へ行ける。
  • 専門家たち小学校で命の大切さ、職業の素晴らしさを伝える。
  • 医師会や病院がリスクの高い産科医や小児科医の給料をもっと増やす。
  • 病院側や国(社会)が助産師のお給料を上げる。
  • 行政は物に対する金を削る。
  • 医学部は受験資格に親の所得制限をつけて年収2,000万円以下の親の子どもの受験をのみ認める。
  • 国は専門職を育てる学校を減らさない。
  • マスコミは周産期医療に関するドラマを放映する。
  • 病院は産科医・助産師・小児科医の労働条件を整える。
  • 産科医・助産師・小児科医はかわいい子どもたちから若返りのエキスをもらえる。
  • 警察が安易に逮捕しない。
  • 行政が小児科医・産科医になる人に学費を免除する。
  • 行政が産科・小児科の診察点数を増やす。
  • 妊婦さんが医師・助産師・看護師らスタッフを褒め称える。
  • 病院は適切な給料を支給する。
  • 国民が助産師のステータスを上げる。
  • みんながお産の現場を見る。
  • 病院が子どもの立会い出産を認める。子どもが出産に同席する。
  • 社会はお産の危険も承知する。
  • 国が産科医・助産師になった人に特典を出す。
  • 男性医師にも産休を確保する。

→次 [高知]活かす

Last modified:2006/12/23 22:10:22
Keyword(s):
References:[終了した大会] [[高知]活かす]